esoragoto

スタアラにスペマ祭in伊丹

先週の土曜、伊丹に用事があったので、ついでに夕方のスカイパークで飛行機を撮りに出撃。

JA601A

空は霞んでるけど本当に天気が良くて順光の時間帯。
土曜ともあって割と混んでました。最近は乗ってばっかりで全然撮ってなかったけど、こう天気が良いと楽しい。ピント合うし。

JA51AN

738のスタアラが離陸。
スカイパークの一番北にいると目の前でちょうど離陸してくれるので上がりも撮れて大満足です。いやあ楽しい。

201811170040.jpg

直後にお馴染711Aが飛来。神戸で見慣れた機材なので伊丹で見ると逆に違和感があります。
てか最近787のスタアラも登場したらしいですね。

201811170041.jpg

初物の321neo。てか今日のお目当て。まだまだそんなに多くない機材だけどめっちゃ良いらしいので乗りたいです。
321かっこいいですよね。

201811170042.jpg

789。さすがにちょっと長くて772的な雰囲気。787って-8のイメージが強いので-10とかめちゃくちゃ長い印象です。でも登場が楽しみ。ANAの787も気付いたら何十機かいるし、まだ増えるとか。

JA300K

もう一つの目当ての735。だいぶ見なくなった気がする。退役も近いので撮ったり乗ったりするなら今のうち。
これについてはなんとか乗る機会を得たので年末に乗りに行くんだじぇ。

201811170043.jpg

こんなんも来ました。ディズニーのスペマ。こんなんいるんですね。
767のディズニースペマはどうも割と色々いるらしい。嵐とかもそうだけどJALは割とスペマが多くて楽しいです。

JA249J

いい感じに暮れてきまして…めっちゃ寒い。
あんまり来るからここまで出してこなかったけど、E190も去年来た時は来たらラッキーだったのにもう無限に来ますよ。

JA252J

個人的に一番好きな角度。エンブラエルはすぐ上がってくのでスカイパークからでもこんなのが撮り放題。

JA010D

もう太陽が終わる頃に元JASの777が東京に向けて離陸。
多分私がこの後向こうのターミナルに着く頃にはこの機体は羽田に着いてるでしょう。てかターミナルまで歩いて行こうと思ってたら徒歩40分とか出てるんですけど。無理じゃん。

JA254J

最後にしまじろうだけ撮って満足したので撤収。てか寒すぎるわ。そんなに厚着して来なかったので鼻水が止まらなくて大変なことになってます。この感覚は今季初。
結局バスに乗ってターミナルへ向かい電車で大阪へ。空港から最短ルートで大阪に出たのは初めてだけど、梅田まで20分ちょっとで着くんですね。意外と近い。

梅田でガマニャン、ほくとニキ、暁さんと合流し飲み歩き。店を変えるとか言いながら最初に第2ビルの地下の串カツ屋に行ってからスナックパークに吸い込まれて色々賞味。にしてもイカ焼き以外にもあんなにコスパ良い食べ物が揃ってるんですね。あれでも大阪のど真ん中なのに。
居酒屋のキャッチに任意の単語で返すとそのまま返ってくることを発見したためあらぬ遊びを考案してしまったりしつつ、大混雑のhubを経由して結局鳥の貴族料理で落ち着いて終了。写真は撮れるし楽しい飲み会があるし、久しぶりに最高の休日だった感がありました。人間余裕が大事。前向きに生きて行かないと。

スポンサーサイト
  1. 2018/11/17(土) 01:15:19|
  2. 飛行機
  3. | コメント:0

肥薩縦貫紀行


肥薩縦貫紀行
(画像クリックで飛びます)


  1. 2018/10/08(月) 23:46:06|
  2. おでかけ
  3. | コメント:0

山の辺の道タイムアタック

朝起きたら台風一過の快晴。風は強いものの電車は既に平常通りの運行をしてる。
土曜あたりに奈良行きたいと思ってたけど既に次の台風が控えてることから晴天は望むべくもない。じゃあ今日しか出掛けれんやんけ!と思ってとりあえず駅に向かう。

どこ行くか?近江鉄道でも乗りに行くか?とか考えたけど、もう10時なので近場で短時間で成果を残せるところかつ大阪に17時に帰ってこれることを制約条件にした結果、桜井方面に行くことに。ヒガンバナが見たいので飛鳥も考えたけどそこまで奥に行く時間はないので奈良盆地で我慢。


201810021149.jpg


近鉄で桜井へ。行動時間を確保するために特急に乗って車内で弁当を食べる。急行でも到着時刻は変わらなかったけど特急に乗ったことで食事の時間を削れたので十分意味のある課金。今日はマジで時間ないんだ。

JRに乗り換えて三輪へ…と思ってたけどこの近くから山の辺の道が始まってるらしいので、せっかくなので起点から歩くことにした。電車もすぐ来るわけじゃないし。


201810021150.jpg


駅前にも看板が出てるし、歩道には一定間隔で案内のタイルが埋め込まれてるのでロストすることはない。こりゃありがたい。

12:30に歩き出して、リミットは15:30頃。山の辺の道を行けるところまで行って檜原神社あたりまで行きたいところ。距離的には数kmなので余裕なはず。
空は晴れてるけど昨日の台風の風が残っててまだ風が強い。これぐらい風が強い方が空冷の効果が期待できる反面、燃料(体力)を消費するのが難点。


201810021221.jpg


駅から歩いて20分ほど、増水した大和川を渡ったところにある仏教伝来の地の碑。
今では静かな住宅街のこのあたり一帯は海石榴市(つばいち)と呼ばれる市場があった地域で、古代には国内外から来た船の着く国際港、山の辺の道や初瀬街道などの幹線道路の交差点と交通の要衝だった場所。仏教もここに上陸した百済の使節によってもたらされたとされるのでここが仏教伝来の地ということになるということだ。
付近には当時の都であった磯城嶋金刺宮(しきしまのかなさしのみや)が置かれていた歴史があり、そこから「敷島」が大和を表す枕詞、ひいては日本を表す言葉になっていった。


201810021231.jpg


堤防から降りて標識に従って進むとだんだん街道っぽい風景になってくる。
なぜかめちゃくちゃカマキリがいる。というか轢かれまくってる。あとトンボがすごい飛んでるので避けながら歩く。

途中の海柘榴市観音堂にはここが賑わっていた頃に詠まれた歌が書かれている。交通の要衝であった場所であったここには若い男女も集まる出会いの場でもあったらしい。多分今でいう皇居と羽田と築地と渋谷が一緒になったような場所だったんだろう。


201810021241.jpg


林の中を抜けた先にある平等寺。横から入ったら足元にハチの巣の一部が転がってて不穏。台風で壊れたのか?
平等寺は聖徳太子が賦徒の平定を三輪明神に祈願し、平定後に建てた寺とされる。今となってはそれほど大きくない寺だが、明治までは大神神社の神宮寺であり、関ケ原の戦いで逃げ延びた島津義弘たちを匿った縁から江戸時代に至るまで島津氏とのやり取りもあった。


201810021253.jpg


平等寺を出た先で見つけた神坐日向神社。祭神は櫛御方命、飯肩巣見命、建甕槌命。特に日向神話とは関係ない。
タケミカヅチがいきなり出てきたと思ったけどどうも鹿島神宮のタケミカヅチとは別の神らしい。いずれも大神神社の祭神の大物主の子孫であり、かつ神主であったとされる大田田根子の先祖であるとされてる神々らしい。

まだ鳥居も祠も新しいし、後ろの木が不自然に切られてるから倒れた木で被害を受けて再建されたんだろうか?
そして木の隙間から大和盆地が見下ろせるということはそこそこ登ってきたらしい。


201810021315.jpg


色々見ながらで桜井駅から45分、大神神社に到達。なんかめっちゃ人いるぞ?あ、月次祭やってたのね…
大神神社の祭神は先述した通り大物主。大物主とは要するにオオナムジ、大国主。物部氏とかかわりが深いのはむしろ天理の石上神宮で、こっちは大田田根子を探し出したのが物部氏の先祖の伊香色雄であるということ以外にはほぼ無関係。
関係ないけど壱岐市にはその名も物部布都神社という神社があるらしい。物部氏の

それほどアクセスのよくない大神神社もなんだかんだ4回目。前回は去年の今ぐらいの時期。てか記事あった。前も北海道から帰ってきた直後に来てたし、北海道帰りに行くのが定例になりつつあるな。
今日は宝物収蔵庫もやってるらしいので見学しに行く。大神神社は古代から祭祀を行う重要な場所でした!ってことらしい。そういや未だに三輪山に登ったことがない。今日は行くか?と思ったけどそこまでの心構えがなかったし、何よりどうも機能の台風のせいで登れない的なこと言ってる人がいたのでやめといた。登れないならしょうがねえしなあ~。


201810032358.jpg


お茶席やってますの文字が見えたので吸い込まれる。ちょっとしか歩いてないけどもう疲れたので。
庭を見ながら500円で抹茶と練りきりを賞味。ウンメェ~~~
抹茶は最後に粉末が沈殿してて凄い苦かった。完飲。このあと一日唇が苦かった。


大神神社鳥居


いつまでも座ってるわけには行かないので神社を出てヒガンバナ見に行く。檜原神社まで行く話はなかったことになった。時間なくなったので。

肝心のヒガンバナはもう枯れてた。先週は満開だったってネットで見たけど一足遅かったか・・・


桜井線


まだ生き残ってる花を入れて105系を撮る。後釜の227系も出てきたので先は長くないし撮れるうちに撮る。流そうとして1/50で撮ったら予想外にスピード遅くてほとんど流れなくて単に白飛びした写真みたいになって失敗。
鳥居も入れたかったけどここからだとそうも行かない。てか去年も同じこと思ったんだった。学べやばかたれがぁ~

3本だけ撮ったところで奈良は終了。105系も乗るの最後かもしれないとか、マジで205系が奈良におるわ!とか思いながら大阪へ。


201810072238.jpg


大阪駅でユッキーさん、暁さんと合流して買い物へ。バスターミナルでエアロキングのトミカを爆買いし、ヨドバシ冷やかしたりしてから梅三小路のタイトーに行って乗務員訓練(電車でGO)を行う。ここ空いてるし(平日だから)、筐体も多いし、古いのもいっぱい置いてるしなかなか凄い。

遊んでたらうまこさんも到着したので近くの牛タンレストランで牛タン。シチューの誘惑には勝てなかった。でも美味しかったのでOKですよ~。
牛の舌や尻尾を味わいながら来月の組合活動についての会議を行い、びわこライナーや電車の屋根を観察して解散。お疲れさまでした&ありがとうございました。

  1. 2018/10/04(木) 10:19:58|
  2. おでかけ
  3. | コメント:0

山口一郎とは一体何なのか

こんばんは。夜も涼しくなってきましたね。先週まで暑くて雪が降るのを待っていましたが、もう1か月前に大雪山では初雪を観測してたので待つまでもなかったです。

サカナクションの曲にはしばし「僕は○○」というフレーズが出てきます。
これは山口一郎氏が得意な自分を何かに例えることで自分の思いを表現するという技法でしょう。

しかし、この間私は思いました。
「こいついっつも自分を何かに例えてんな」

そこで私は山口氏がサカナクションの楽曲で自分を何かに例えている歌詞を集めて書き出してみました。
これを通学中必死で調べてスマホのメモ帳に書きだしたのが3か月前です。3か月経ってスマホも新しくなり、メモ帳の内容は自分のgmailからyahooメールに送り、2か月間yahooメールの一番下で消すことが出来ず溜まってたのでそろそろこっちに書き写しときます。

~山口一郎自分語り一覧~
・君と僕とは流れる雲 (うねり)
・僕は宇宙 (セントレイ)
・僕はまるで最終電車 (雑踏)
・僕は夜の船 (enough)
・僕はアドベンチャー (アドベンチャー)
・僕はシーラカンス (シーラカンスと僕)
・僕は壁さ (壁)
・僕は凡人だ (アイデンティティ)
・僕はスコーピオ (アンタレスと針)
・僕たちは薄い布だ (years)
・僕は花 (僕と花)
・僕らは迷った鳥 (multiple exposure)
・僕はまるで雪のよう (スローモーション)
・僕は砂 (ネプトゥーヌス)

これぐらいでしょうか。
どうでしょう、かなり自分を物に例えすぎですね。結局彼は何なんでしょう。
これらの歌詞をまとめるとつまりこういうことになります。

「山口一郎は夜の船かつ最終電車であるため水陸両用車である。しかし、シーラカンスでありながら鳥でも凡人でもあるため潜水能力に長けた鳥人で、しかも花でもあるため、動物にも植物にも分類されるミドリムシに近い生物である。よって有機物でも無機物でもあるという凡人とは大きくかけ離れた不思議な存在で、基本的に炭素から成り、水素を持ったり持たなかったりするものであると考えられる。また、壁でもあり布でもあるので柔軟であり、それはアドベンチャーであるということからも伺える。また、雪や雲として地球を循環していると思いきや砂としてその辺に落ちており、さらには地球を飛び出してスコーピオであり宇宙そのものでもある。ついでに君も雲である。」

お分かりいただけましたか?
お分かりいただけなかった方も多いかと思います。最後に以上の分を端的に表したイメージ図を張って今日は終わりにしたいと思います。

201809112100.jpg

それでは私は明日から1週間く北海道に行きますのでさようなら。

追記:エジマウンコ水処理大学原宿学科岡崎研究室の錐糸氏から「白く曇った窓でもあり(スローモーション)、気まぐれな時は雨でもある(雨は気まぐれ)」というご指摘がありましたので追記しておきます。

  1. 2018/09/11(火) 21:04:49|
  2. 音楽
  3. | コメント:2

関東外縁紀行


関東外縁紀行
(画像クリックで飛びます)


  1. 2018/09/04(火) 22:57:17|
  2. おでかけ
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

山田弘

Author:山田弘

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おでかけ (59)
鉄道 (22)
飛行機 (11)
東方 (8)
模型 (6)
音楽 (5)
その他 (2)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する