esoragoto

紅魔郷の自機の操作性

東方と出会ったころから紅魔郷では基本霊夢Aを使ってます(Bはなんとなく馴染みがない、魔理沙は動きが速すぎて扱いきれない)
最近また一から東方やり直そうと紅魔郷やってるんですが、かなり久しぶりにやってるので自機を変えてみたりと色々試してます。

・霊夢A
王道。操作性の良い霊夢に敵を追尾してくれるホーミング弾装備とベストな自機。
フルパワー低速時の攻撃力は並だけど、追尾してくれるので後半の弾幕が濃い部分では威力を発揮。

・霊夢B
フルパワーで低速にすると自機のショットが強力で直線の一点集中型になるので、ボスの真下にいるときに集中砲火することで相手の体力を短時間で削ることが可能。なので前半はかなり高速で進められるけど、4面5面になるとボス真下に陣取り続けるのも難しいため、濃い弾幕に曝される時間がどんどん伸びていくのが欠点 (上手い人なら大丈夫かも)

・魔理沙A
ホーミング弾未装備。ただしフルパワーになると霊夢Bよりは幅の広い高出力な攻撃ができるので、ある程度自機の真下を狙える腕があるなら意外と使いやすいかも。4面ボスなんかも割と真下を陣取りやすい攻撃して来るので慣れれば意外と稼げそう。ただし動きが速い魔理沙なので、精密な動き(=濃い弾幕中をガリガリ避ける)は困難なので避けやすい所を瞬時に発見する能力が必要。

・魔理沙B
ホーミング弾未装備。A同様フルパワーでは高出力な攻撃ができる。また、ボムも強力なので大抵のスペルはちょっと我慢して1発食らわせればやりすごせるので、自機の移動速度に慣れれば意外と使えそう。4面がAより微妙に避けにくいので難所。

個人的には操作性の順なら霊夢A>魔理沙B>霊夢B>魔理沙Aといったところ。
下手だからホーミング弾でサポートしてくれる自機がありがたいです。

スポンサーサイト
  1. 2017/03/14(火) 23:59:14|
  2. 東方
  3. | コメント:0

ZYTOKINE 『ZEphyr』の謎

IMG_7344.jpg


先週東北に旅行に行った途中に立ち寄った郡山のらしんばんでZYTOKINEのCDを大量発掘。ずっと探してたDancing Dollzをはじめ色々手に入ったんですが、その中に『ZEphyr』というCDがありました。


ZEphyr(ZYTOKINE公式、リンク切れ)
・頒布:2012年5月27日(第9回例大祭)
・トラック数:9曲
・収録時間:39:50

あんまり知らないアルバムというか収録されてる曲はどれも一切聞いたことなかったものの数回聞いて気に入りました。ZYTOKINE時代初期のアルバムですが今と変わらない心に響く曲ばかりですね。

そんなわけでPC経由でウォークマンに取り込んで通学中に聞いてたんですが、数周してたらトラック8が気に入ったので電車の中で曲名はなんだったかと思ってウォークマンを見ると、表示された曲名は『Shiva Bhajan』(=シヴァをたたえる歌)。


IMG_7342.jpg


お恥ずかしいながら歌詞カード読んだ時に曲名も原曲もまともに確認してなかったため、多少の違和感を覚えながらもその場で「フレーズからして原曲は彼岸帰航っぽいから仏教繋がりでシヴァか~」と勝手に納得してたんですが(冷静に考えたらかなり無理矢理…)、Shiva Bhajanで検索してもインドの音楽しか出てこないし、家で確認したらZEphyrのトラック8の曲名はLEAD ME BABYだしと謎が深まるばかり。あとそもそも原曲はゴーストリードだった。

ウォークマンに表示される楽曲情報はプロパティに登録されてるものなので、別のファイルの曲名が間違って表示されてるわけでもないし…というところで注目したのはアーティスト情報の欄。


20161114017.png


本来であればアーティストの欄にはこの曲を歌っているitoriさんの名前が表示されるはずですが、実際に書かれているのはElizabeth HenshawKate Henshawという聞きなれない欧米系の名前。何かの手がかりになりそうです。
で、とりあえずElizabeth HenshawでググってみるとWikipediaの『Zephyr (musical project)』の記事がヒット。それによると、このElizabeth Henshawなる人物はイギリスの音楽ユニット「Zephyr」のプロデューサーとのこと。Zephyrは異なるバックグラウンドを持つ音楽家たちで構成されているグループで、2001年に出したCDのタイトルが『Zephyr』だと。ややこしい。

一番下にZephyrの公式サイトがあったので開いてみると、TOPにこれまで出した2枚のCDのサンプルが貼ってあります。確認するとなるほど、確かにZYTOKINEの頒布したZEphyrの楽曲情報に表示された曲名、トラック数と一致。Shiva Bhajanもちゃんとあります。曲調は全然インドっぽくなかったけど…


▽なぜ同じタイトルの別のCDの楽曲情報が登録されていたのか

ZYTOKINEのZEphyrに登録されていた謎の楽曲情報の正体は突き止められました。プロパティから正しい情報を直接入力して一件落着。
しかし考えてみればなぜ同じタイトル、同じトラック数とはいえ全く別のCDの楽曲情報が登録されてたんでしょうか。

調べてみると、この楽曲情報はCDに記録されているのではなく、CDDBというネット上のデータベースに登録されているものを読み取ってくるものらしい。日経トレンディネットの『拡大するCDDBサービス』(2005年)によると、1/100秒単位までの時間からCDを判別するため、同名のCDがあったとしても間違った情報が表示される確率は非常に低いとのこと。
じゃじゃじゃじゃあ、収録時間を比較してみましょうよと計算してみると
 Zephyr『Zephyr』…49分28秒
 ZYTOKINE『ZEphyr』…39分50秒
ということで、1/100秒どころが10分も違います。こんなに収録時間が違えばいくらタイトルとトラック数が同じとはいえ、どう考えても同じCDとは判別されないはず。疑問が残りました。

CDDBの判別方法も記事によって違うことが書いてあったりして正直何が正しいのか分からないですし、大文字と小文字は区別されるのか(ZephyrとZEphyr)のもよく分からなかったんで続きはまた気が向いたら調べてみます。でも楽曲情報がネットから読み込まれてるものだとは知らなかった。

  1. 2016/11/14(月) 01:25:14|
  2. 東方
  3. | コメント:0

"Activity" Case

IMG_6700.jpg


こないだ札幌のらしんばんで01を発掘して1年半ほどかけてやっと全部揃いました。やったー

東方ボーカル聞き始めた直後に頒布された04以降は新品を普通に買ってたんですが、03以前のは中古でもなかなか見かけることがなく、どれも後にも先にも1回ずつしか見たことありません。それも全部この夏入ってから買った物。
03に収録されてるHistorical Vacationなんてのはボーカル聴くきっかけになった曲のうちの一つなので回収できて良かったです。リマスター版はドラムが強調されてるのでちょっと違う…

一時期色んなサークルに手を出したものの今では数サークルしか追いかけてない私ですが、今でもげとりんはお気に入りのサークルの一つです。燕石と旧約も出たし、07以降も続かないんですかね?

  1. 2016/09/15(木) 21:25:37|
  2. 東方
  3. | コメント:0

秘封倶楽部の舞台はいつか 改訂版

以前サイトで同じことを書きましたが、コンテンツ整理のためこっちに移すことにしたついでに色々修正と追記。


近未来の日本を舞台にしている秘封倶楽部の世界。果たして具体的にはいつ頃の物語なんでしょうか?
ここでは公式設定や現実のデータ、妄想を重ね合わせて年代を特定して行きたいと思います。お手元の公式作品をご用意ください。

Ⅰ.前提
・建設目的や経路の明らかな違いから、中央新幹線と卯酉新幹線は別物とする。
・現実の富士山世界遺産登録は2013年のため、2006年に頒布された卯酉東海道においては無視。

Ⅱ.公式のデータ
A.夢違科学世紀(2004年頒布)
 1.「21st Century Boy and Girl」(科学世紀の少年少女タイトル下に表記されている)
B.卯酉東海道(2006年頒布)
 1.「卯酉東海道が出来たのは、二人が生まれる前の事である。」
 2.「環状線も一部が草原と化し、葉っぱもなく、茎と赤い花弁だけの奇妙な花が道を覆いつつある。」
 3.「人口の減少と共に、自動車という前時代的な乗り物も減っていた。」
C.大空魔術(2006年頒布)
 1.「人類の夢の一つ、月面旅行がついに一般人も可能に!」
 2.「『なお、今回もまた有人火星探査は見送られた』だってさ」
 3.「世界は急速に発展して、何処の国もある程度豊かになったが、人類は次のステージへと進んでいた。紀元前の頃から右肩上がりで増え続けた人  口が緩やかに減少に転化したのだ。」
D.伊弉諾物質(2012年頒布)
 1.「観光客がごった返す仲見世通りには目新しさは無い。お土産屋は伝統に縛られたまま、百年以上は時が止まっているようだ。」
 2.「日本海のメタンハイドレートの採掘場」
E.東方文花帖 〜 Bohemian Archive in Japanese Red.(2005年発行)
 1.「実際この曲は『科学世紀を懐かしむ曲』という複雑なテーマに挑戦した物です。」(P.90)

Ⅲ.実際の学説、定義、事件
A-1:21世紀=2001年~2100年
B-2:アスファルトの寿命は10年程度。10年を超えるとひび割れなどが発生する。
B-3:日本の人口は2008年を境に減少。2085年には現在の半分以下に。
  →参照:総務省統計局HP「人口の推移と将来人口」2013年
C-1:Golden Spike社が国家対象の月旅行プランを提案。
  →参照:「10年以内に月世界旅行が実現か、ただしお値段は123億円」2012年12月10日
C-2:2004年、ブッシュ大統領が20~30年以内に行うべき月探査をはじめとする太陽系探査についての演説。月計画が火星へのステップに(さらに時間がかかる)
  →参照:JAXA「人火星探査の実現のために」2007年
C-3:70~80年後に世界人口の増加が止まり減少に転じるとの予測
  →参照:「About That Overpopulation Problem」2013年1月9日
D-1:戦後、善光寺仲見世は観光客向けサービスを主とする業種が増加
  →参照:信州善光寺仲見世通り「仲見世通りの歴史」
D-2:日本は2030年までにはメタンハイドレートの商業目的の生産を開始する予定
  →参照:NewSphere「日本海初のメタンハイドレート確認 “次世代のエネルギー資源”に海外も注目」2014年12月30日

Ⅳ.結論
①A-1より21世紀=科学世紀。E-1より21世紀を懐かしんでいるので科学世紀=21世紀終盤もしくは22世紀以降。
②卯酉新幹線計画が遷都後に持ち上がったものとして、遷都から開業までを最短でも10年とする。またB-1より蓮子とメリーの誕生が卯酉新幹線開業後のため、遷都→卯酉新幹線建設→二人の誕生→大学入学に最低30年程度かかる。よって、今(2016年)に遷都が行われたとしても2045年ごろ以降。
③C-3より人口減少に転じたのは2085年~2095年ごろ。大空魔術はその直後なので2100年代初頭前後。
④D-1より仲見世の変化があった高度経済成長期(1960年)から少なくとも100年が経過した2060年代以降。
以上のことを表にまとめると下表のようになります。(青部分が該当する年代)

tl001no3 (2)

これで4つの要素が重なる年代から大体2090年~2120年ごろだと絞られました。
で、去年サイトに書いた時は他に蓮子が菫子の直系の子孫だとか神亀の遷都が2065年ごろだとかもうちょっと色んな妄想をしてたので2110年ごろという結論に達してたんですが、執筆から1年経ってみたら思想が変わったのでその辺は除外しました(どっちもまだ完全には否定していませんが)。なので、2090年~2120年ごろまでしか特定できいません。

ちなみに、この秘封倶楽部の年代の推定については同人サークル「京都秘封探訪」さんのブログの記事において月齢と金星の動きから見た詳細な考察がされています。
参照:月と星の運行から考察する秘封倶楽部の年代 - 京都秘封探訪 (2015/11/23)
この記事の中でも場合によっては確率は低いものの、2110年前後であるという説も挙げられています。私も月齢は一応ある程度見てましたが、宵の明星については16:31という京都では絶対に日没前である時間に見えると思ってなかったので、単純にZUNさんの勘違いだと思ってたので無視してました。
でも宵の明星って日没前は見えないと思ってたけど違うんですかね?ここだけは大空魔術の謎。


ということで、結論は「秘封倶楽部は2100年代初頭ごろだと考えられるが、月齢などから考えると矛盾もある」ということで締めたいと思います。
ただし、先週の例大祭で4年ぶりの秘封CD新譜「燕石博物誌」が頒布されたので、その内容によってはこの説がひっくり返ることになるかもしれません。まあそれはそれで楽しそうなので27日の発売を楽しみにしておきます。

  1. 2016/05/15(日) 22:48:49|
  2. 東方
  3. | コメント:0

『牛に引かれて善光寺参り』の謎

先日長野行ったときの記事を書いてる時のこと。
伊弉諾物質のブックレットの文章を引用してやろうと思って読んでたんですが、肝心の引用しようとした部分が蓮子のセリフかメリーのセリフかはっきり分からないという問題に直面しました。


問題の部分はトラック2『牛に引かれて善光寺参り』の台詞。
このことに気づくまでは勝手に

蓮子「ほら、本堂の柱が土台から随分とずれているでしょ?
メリー「これが地震柱?
(以下台詞部分交互)

だと思ってましたが、この節を読んで行くとどっちのセリフとはっきり判別できる文章が見つからない。


一番気になったのはこの部分。

「地震で柱だけがずれたって言うの?そんな事あるのかしら」
「本当はね、これは柱が時間が経って乾燥して捻れた物だって判ったの(以下略)」
メリーには見えていた。柱が歪むような恐ろしい地震の光景が。


「柱が歪むような恐ろしい地震の光景」を見ながら地震柱の説明を長々としないだろうと思ってましたが、かと言ってそんな光景を見ながら地震で柱だけがずれるのかという点を冷静に指摘できるのかというのも疑問。
メリーの視界に地震の光景が映り始めたタイミングが「地震で柱だけがずれたって言うの?そんな事あるのかしら」と言った後であると考えれば自然ですが、そういう表記はないので断定不能。


ついでにもう一つ。
トラック4『六十年目の東方裁判』において地獄についての話をする場面がありますが、ここで薀蓄を披露しているのはメリー。また、メリーが「不安を誤魔化すべく話を続け」ていることから、多少の精神的な不安を抱きながらでも知識を語れる程度の図太さを持ち合わせてるとも取れます。まあ実際に見た「恐ろしい地震の光景」というのがどれぐらい恐ろしいかにもよるんですけど。


だいぶ捻くれた見方してますが、当ブログでは今後も捻くれた見方で上海アリスの作品を見て行きたいと思います。疑問を抱くことは大切です(適当)
  1. 2016/03/15(火) 20:03:45|
  2. 東方
  3. | コメント:0

プロフィール

山田弘

Author:山田弘
淡い夢

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おでかけ (39)
乗り物 (21)
東方 (5)
やってみよう (3)
模型 (4)
その他 (1)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する