esoragoto

sakanactionの対称性

201710062112.jpg


サカナクション6枚目のアルバム、『sakanaction』。
「表裏一体」がテーマになっているというこのアルバム、表裏という面だけでなく様々な面で対称性が見られます。


1.ジャケット
見ての通り上下に書かれたアルバム名、対角線で区切られた空と海。これらは点対称でどちらが上とも取りにくいデザインになってます。


2.収録トラック
山口一郎氏は、sakanactionに収録されてる曲は表と裏に分けられると2013年4月4日のサカナLOCKSで語っています。また、アルバム自体を後ろから聞いても良いようになってるらしく、それも一つの対称性。
しかし、それに加えて収録されているトラックの中にも対称があるのではないかとも思いました。

・INORI / ストラクチャー
14曲のトラックを書き並べてMとAoiの間で折り曲げると1-14、2-13と言うように対称になり、対応してる2番目のINORIと13番目のストラクチャーはコーラスメインの曲という点で共通。
・ミュージック
言わずもがなMVでは両脇に左右対称の映像が流れている。
・夜の踊り子
MVでは左右対称の独立峰である富士山を背景に、二人の踊り子がほぼ左右対称の日本舞踊を披露している。
・Aoi
「青い(=若い)」という劣等感と若いというメリット、デメリットの対称。
・ボイル
音楽作っている間に夜から朝へ時間が経過しているため夜と朝の対称。
釣り用語ではボイル=魚が餌に食いつくこと、ライズ=魚が餌を求めて水面に上がること。よってボイル(魚が餌を食べる=言葉を集める)の結果ライズ(魚が水面に上がる=音楽ができる)したと考えると入力と出力の関係で対称。

そして最後のトラックである朝の歌では「朝が海や空を食べてく」「表と裏」という歌詞があり、ジャケットの海と空や表裏一体という対称性が収束しているとも取れます。そういう意味ではintroの水滴の落ちる音は、水滴が落ちることで起きる波紋を用いて対称性が発散するのを表現してるのかも。


他に思いついたことがあったらまた追記します。要するにsakanactionでは「対称性」も一つのテーマだと思う。

スポンサーサイト
  1. 2017/10/06(金) 22:45:53|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

音楽と風景 NONA編

最近再びNONA REEVESブームが起きつつあります。どうも夏になるとNONAの気分になる模様。
個人的に音楽と(特に旅先の)風景を結びつけるのが好きなので、NONAの曲もいくつか風景付の曲が。


CESSNA -Okken's Brazilian Airport- (CHERISH ! NONA REEVES THE REMIXES)

CESSNAのリミックス、というかボサ風にアレンジして録音したままの音。これは曲名から雰囲気までまんま夏の空港のイメージ。ブラジルには行ったことありませんが。歌詞で「Scandinavian underwriters」とか言いながらボサ風なのでブラジルです。
これはイメージとしては夏の羽田のイメージだけど、セットになってる映像は今年の2月に行った、冬晴れのセントレアの国内線制限エリアから見た駐機場。是非夏の晴れた日に見に行ってみたいところ。
検査場を抜けたところにちょうどベンチがあって、行ったときには空いてたので占領してガラス越しに飛行機眺めてたんですが、開放的なデザインの国際空港に大量の飛行機が止まってる風景が妙に異国の夏っぽかった記憶(背景は雪の御在所岳なのに)。
セントレアの開放的なデザインとか、ミュースカイで空港に着く直前のBGMと風景とか好きだしまた行きたい。


休もう、ONCE MORE (POP STATION)

NONAの最近の曲は基本的に東京のイメージだけど、個人的にはこれが一番東京っぽい曲。
数年前のこれまた冬晴れの日に朝一の新幹線で東京に行って、新横浜~品川のだんだん都会になっていく風景を見ながら聞いてたらえらいマッチしてて完全に固定。
ちなみにオッケンはこれの1つ前のトラックに収録されてる「三年」が新幹線の車窓から過ぎ行く日本の風景にマッチしてると評してたけど、これも都会っぽいイメージなので同じ区間で聞きたい。というかMr.Melody MakerとかWEEK ENDとか全部あの辺の風景っぽいので、久しぶりに東海道新幹線に乗ってポップステーション聞きたい。


あとAnother Summerが埼京線から見た夕焼けの風景だとか、他にも風景を見たわけじゃないけど勝手に色んなイメージを膨らませた曲が一杯あるけど、IEで更新ボタン押して保存されましたと出たのに保存されてなくて消えたので省略。もうchromeでホームタブのボタンがクリックできないからって代わりにIE使わねえ

  1. 2017/07/13(木) 23:06:37|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

二子玉川メトロノームの舞台を探訪してみた

こんにちは。

皆さんはgroup_inouのHEARTという曲をご存知でしょうか。





曲の詳細は実際に聞いてもらうとして、まず強烈な画調のMVが目を引きます。これは去年ORANGE RANGEの『SUSHI食べたい』のMVを担当したことで話題になったAC部が担当。

そのMVの中で「二子玉川メトロノーム」というドラマが繰り広げられるのですが、その舞台は名前の通り東京、二子玉川。


IMG_6070.jpg


というわけで、実際に二子玉川に来てみちゃいました。
今回は二子玉川で二子玉川メトロノームの舞台になった場所を訪れてみようと思います。

なお現地に行くにあたって事前にネットで色々調べてみましたが、さすがにこれの舞台に関する記述は公式非公式問わずほとんど見当たらなかったので今回は文字通りの「探訪」となっております。





あと一応地図に纏めてみましたので、これから訪れる方のお役に立てれば幸いです。そんな物好きほとんどいないでしょうけど。


① 4:23~



IMG_6076.jpg


―5年後―のシーン。

MVでは「二子玉川商店街」の看板がぶら下がってたので、勝手に屋根付きの商店街の風景だと思ってましたが、航空写真で見ると周辺にそんなものはない。
で、駅の周りをストリートビューで見てたら二子玉川駅の西口にそれっぽい所を発見。柱の形状などに疑問があったので現地に向かって実際に確認してみます。


IMG_6072.jpg


エスカレーターに乗って振り向いてみると大正解。看板や柱の雨樋の位置もぴったりです。そして昔ながらの商店街のイメージと違ってめちゃくちゃ近代的で綺麗でした(失礼)
ちなみにエスカレーターには都会人の皆さんがガンガン行き来してるので、一眼出して写真撮ってると普通に不審者です。


IMG_60722.jpg


せっかくなので合わせてみました。
夕方なら…と思ったけどあんな方角に太陽が来ることってあるのか…?


② 4:26~



IMG_6077.jpg


西口から北側に歩いて交差点に到着。渡ってUFJのビルの横から線路の方を眺めると、なるほど見覚えのある風景。
右側のビルの模様まで一致しています。
この部分、最初はフォロワーの方からライズの中央通路辺りではないかとの指摘がありましたが、ストリートビューで見てみるとちょっと違う。その後すぐ近くのこのポイントを発見したんですが二子玉川駅の周辺は線路が入り組んでて色々よく分かりません。

ちなみに、MVでは東急の高架に利便性をアピールする文字が書かれていますが実際には存在しませんでした。
昔はあったのかと思ったけど、都民の某氏曰く「あの辺で東京へ行く便利な特急をアピールする鉄道会社はない」とのことなのであの部分だけは架空の模様。


③ 2:06~



IMG_6081.jpg


さて、続いてやってきたのは二子玉川駅からほど近い兵庫島公園。多摩川と野川の合流点の河川敷にあり、地元民の憩いの場となっています。
ちょっとした林もあって自然豊かな公園ですが、自然豊かすぎてスズメハチが飛んでてめちゃくちゃ怖かったです。あと連日のゲリラ豪雨で地面がドロドロで最悪です(ぬかるみにはまった)
大雨で水量も増えてるのに野川には釣り客も。あそこって何か釣れるんでしょうか?

ポイントは野川を橋で越えたところの芝生付近にありました。石の配置と形状が一番近かったです。ここからR246(厚木街道)を眺めるとその風景が見えてきます。
ここも地元の親子連れが遊んでるので一眼を構えてると不審者扱いされること間違いなし。虫も多いので冬に来たらちょうどいいかもしれません。


④ 5:02~



IMG_6083.jpg


兵庫島公園から見えた厚木街道の橋を渡ってみましょう。
この橋、川沿いから歩道が単独で伸びてて上を走るR246に合流するんですが、災害時はランプとして使用するため歩道の脇に車が通れるスペースが確保されてて面白い構造でした。脇には二階建ての諏訪神社もあって気になったけど通りすぎちゃって無念。

橋の上から見た風景はinouのTwitter公式アカウントで「二子玉川メトロノームの舞台」として紹介されていたもの。



このツイートに柵が写ってたおかげでどの橋のどの辺りがモデルなのかを特定しやすかったです。ありがとうございます。




橋の上に神奈川県との県境がありました。


IMG_6085.jpg


その県境を越えてしばらくした辺りから望遠で二子玉川駅方面を覗くとニコが走っていた風景が見えてきます。
ガードレールが被りますが、望遠で覗かないといけないのでなかなか難しいポイント。

MVにでてくる橋は道路部がなぜかトラス橋として描かれてます。多摩川に架かるトラス橋としては国道2号線の丸子橋が上げられますが、こちらは二子玉川ではなく更に下流の東急多摩川駅付近にあります。
下に流れる川も多摩川にしては狭すぎるので、もしかしたら別のモデルになった風景があるのかもしれません。ただ、駅舎の形状や背景からして一つのモデルとしてここが使われているのは確かです。


というわけで、今回は二子玉川周辺に点在するHEARTのMVに登場する風景の舞台を追いかけてみましたが、二子玉川周辺には他にも厚木街道脇の諏訪神社や神奈川県側の二子新地にある二子神社など他にも気になるスポットがいくつかあるので、またいつか再訪してみたいです。街自体もなかなか好きなタイプでしたし。

  1. 2016/08/23(火) 22:23:26|
  2. 音楽
  3. | コメント:0

プロフィール

山田弘

Author:山田弘

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おでかけ (45)
鉄道 (21)
飛行機 (9)
東方 (8)
模型 (6)
音楽 (3)
その他 (2)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する