esoragoto

3dayパス乗り回し京都ツアー

最近ただのお出かけブログと化してる感が否めないですが、また3dayパス消化の旅です。
3回目は乗り潰しながら京都を目指すことに。いっつもどこ行くか迷うのでいっそ目的地を決めずに乗りたい線を辿っていく新スタイルです。


city


まずは近所なのに乗ったことなかった六甲ライナーを潰しておきます。ポートライナーと違って空いてるので先頭を確保。
思ったよりスピード出してアップダウンのある高架上を駆け抜けるのでちょっとしたジェットコースターのようです。写真撮ったWindowsの壁紙かなんかのどっかの地下鉄の写真みたいになりました。


IMG_5059_convert_20160502162655.jpg


終点マリンパーク駅までは15分もかかりません。線路はカーブした先の車庫までしばらく続いてるのでどちらかというと途中駅と言った雰囲気。
一応、沖合に造成中の六甲アイランド南島まで延伸する計画はあるらしいですが、肝心の島が放置されてるのでしばらくはここが終点です。

帰りにマンションの近くを通る時にガラスが曇ることを思い出して観察してましたが、音もなく一瞬で曇る上に思ったより曇ってなくてちょっとがっかり。普通に窓から外見えてました。テレビで見た時はもっと真っ白になってたように見えたんですが。


魚崎で阪神に乗り換えたら怒涛の乗り潰しツアー。今回は近鉄の奈良周辺の残りを潰しときたかったのでまずは四つ橋線の未乗車部を潰しながら難波へ。
大阪線に乗って来たのは堅下。ここからちょっと歩いたところにある柏原駅に移動して道明寺線を乗りに行こうとしたんですが、乗った電車が遅れて元々ギリギリの乗り換えがさらに減って8分ほどに。距離にして400mもありませんが、狭い歩道のない道や分かりにくい改札に苦労させられて発車直前に駆け込んでセーフ。柏原駅の改札、JRの改札と共通なんですが案内が見当たらなくてJRの駅員に聞くまで分かりませんでした。改札の上とかに書いといて欲しかった。
道明寺で南大阪線に乗り換え。道明寺線は3dayパスが使えないのでICOCAで改札入ったんですが、ここでも乗り換えの時間がなくて改札を出れず、結局橿原神宮前で精算。窓口で出されたら「ICOCAと3dayパスは併用できないので現金で」とのことで現金で精算。無人駅とかで降りることになってたら危なかったです。


IMG_5066_convert_20160502165937.jpg


初めて来た橿原神宮前。構内踏切もあってなかなか楽しい駅です。しかも来てる電車は遥か北の京都の国際会館まで乗り入れてる車。構内にあるらしい車両が入場する際に台車を交換する施設も気になりますがまたの機会に回して北上します。
平端で降りて天理線に寄り道。すぐ折り返して急行に乗って京都方面へ。


IMG_5071_convert_20160502170640.jpg


竹田駅からバス乗ったらうっかり中書島まで行ってしまったり、天一やジョーシンに吸い込まれたりしながらやっと本日一つ目の観光地、下鳥羽の恋塚寺に到着。朝調べるまで知らなかったんですが恋塚寺は京都に二カ所あって、ここから北に3kmほど行った上鳥羽にも恋塚寺(浄禅寺)があるらしいです。どちらも平家物語に登場する文覚上人の開基。

平清盛や佐藤義清(後の西行)の同僚であった北面武士の遠藤盛遠(後の文覚)が昔から恋心を抱いていた袈裟御前を見つけ、既に人妻となっていた袈裟御前に夫と別れるよう言い寄りましたが袈裟御前は拒否。それでも迫る盛遠に困った袈裟御前は夫の身代わりになって盛遠に殺され、それを嘆いた盛遠は出家して文覚になった…というのが由来。人間欲のままに動くとロクなことがありません。


IMG_5072_convert_20160502174058.jpg


恋塚。桜花之恋塚のイメージで勝手に桜の木の下に塚があって、春の昼下がりに桜の花びらが儚く散っていくような風景を想像してましたが桜はありません。ロケーション的にはこじんまりとしててイメージ通り。すぐ隣は家の庭、後ろには老犬が寝てました。

ここで上鳥羽の恋塚寺に向かおうとしたら最寄りのバス停からのバスがちょうど行ったばかり。しかも次の便は1時間後だったので3km歩いて向かうことに。
国道1号線沿いを歩いて行ったんですが、空気悪い上に名神高速周辺の歩道が良く分からないことになってて行ったり来たりを繰り返し。鴨川渡れないかと思って焦りましたよ。明らかに人間向けじゃない道路です(当然)

IMG_5073_convert_20160502174917.jpg


苦労して到着した二つ目の恋塚寺、浄禅寺。こちらも閑静な住宅街の中の静かな寺。
境内の地蔵堂にある地蔵は小野篁が地獄から帰って来てから作った六地蔵の一つ(鳥羽地蔵)で、六地蔵巡りの時にはめちゃくちゃ混むらしいです。除いてみたけどすごい色白のお地蔵様でした。美白。


IMG_5077_convert_20160502180056.jpg


山門の脇の恋塚。こっちの恋塚は正しくは「鯉塚」で、妖怪となって出た鯉を対峙して築いたものだとも言われています。わかさぎ姫的な感じ?

再び竹田駅へ徒歩で戻って京都へ。大阪から京都まで約6時間半の旅でしたとさ。
さて、ここからは全くノープランなのでどうしたものかと悩みながららしんばんのCDの棚を漁ってましたが、せっかく京都バスもどこまでも乗れるので大原行ってみようと画策。調べると国際会館からバスに乗れば早いようなので地下鉄とバスを乗り継いで行くことに。
ところがバスに乗るといきなり事故渋滞。国際会館から大原に向かう19系統は八瀬を経由して行きますが、大原方面に抜ける道が片側1車線の道1本しかないので大渋滞。結局普通なら25分で行ける所を倍ぐらいかかって着きました。


来迎院山門


時刻は既に16時。時間もないので手短に観光して行きます。
とりあえず京都秘封ランドスケープシリーズの魚山ランドスケープを見たかったので音無の滝方面へ。途中見つけた来迎院に入っておきます。人気もなくて静かで良い寺でした。大原は観光客の量もそんなに多くないのでまた1日かけてゆっくり見に行きたいです。


IMG_5089_convert_20160502183454.jpg


本編の魚山ランドスケープ。来迎院の山門前を通過して呂川か律川(どっちか忘れた)を辿っていくとあります。ちょっと道から外れたところですが、いきなりコンクリートの構造物が現れるので分かりやすいです。
絵では手前に3本木がありましたが、ご覧のとおり右2本は切り株に。

この後ダッシュで宝仙院まで行きましたが、あと数分間に合わず既に受付終了してました。無念。
しょうがないので普通にバスで帰還。地下鉄で三条に戻ってらしんばん漁って飯食った後、青蓮院がちょうどライトアップしてると知ったので徒歩で突撃。


IMG_5094_convert_20160502211156.jpg


やって来ました青蓮院。もしかしたら初めてかも。


青蓮院竹林


夜の竹林。高台寺も似たような竹林があるけど前言ったらめちゃくちゃ混んでたし、こっちは意外と空いてたので素晴らしい。Windowsの壁紙になってそうな竹林でした。


青蓮院ランドスケープ


そしてお目当ての青蓮院ランドスケープ。普通にめちゃくちゃ綺麗でした。
青蓮院、ライトアップもきれいだけど夜来ると建物の中が旅館みたいな暗さで落ち着きます。しばらく撮って退散。

帰りは阪急でさっさと帰ろうと思ってたけど特急の席確保できたので京阪で帰還。久しぶりの平屋京阪特急も悪くない。

スポンサーサイト
  1. 2016/05/02(月) 18:50:18|
  2. おでかけ
  3. | コメント:0
<<秘封倶楽部の舞台はいつか 改訂版 | ホーム | 信貴山を大満喫してみた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

山田弘

Author:山田弘
淡い夢

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おでかけ (33)
乗り物 (19)
東方 (5)
やってみよう (2)
模型 (4)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する