esoragoto

秘封倶楽部の舞台はいつか 改訂版

以前サイトで同じことを書きましたが、コンテンツ整理のためこっちに移すことにしたついでに色々修正と追記。


近未来の日本を舞台にしている秘封倶楽部の世界。果たして具体的にはいつ頃の物語なんでしょうか?
ここでは公式設定や現実のデータ、妄想を重ね合わせて年代を特定して行きたいと思います。お手元の公式作品をご用意ください。

Ⅰ.前提
・建設目的や経路の明らかな違いから、中央新幹線と卯酉新幹線は別物とする。
・現実の富士山世界遺産登録は2013年のため、2006年に頒布された卯酉東海道においては無視。

Ⅱ.公式のデータ
A.夢違科学世紀(2004年頒布)
 1.「21st Century Boy and Girl」(科学世紀の少年少女タイトル下に表記されている)
B.卯酉東海道(2006年頒布)
 1.「卯酉東海道が出来たのは、二人が生まれる前の事である。」
 2.「環状線も一部が草原と化し、葉っぱもなく、茎と赤い花弁だけの奇妙な花が道を覆いつつある。」
 3.「人口の減少と共に、自動車という前時代的な乗り物も減っていた。」
C.大空魔術(2006年頒布)
 1.「人類の夢の一つ、月面旅行がついに一般人も可能に!」
 2.「『なお、今回もまた有人火星探査は見送られた』だってさ」
 3.「世界は急速に発展して、何処の国もある程度豊かになったが、人類は次のステージへと進んでいた。紀元前の頃から右肩上がりで増え続けた人  口が緩やかに減少に転化したのだ。」
D.伊弉諾物質(2012年頒布)
 1.「観光客がごった返す仲見世通りには目新しさは無い。お土産屋は伝統に縛られたまま、百年以上は時が止まっているようだ。」
 2.「日本海のメタンハイドレートの採掘場」
E.東方文花帖 〜 Bohemian Archive in Japanese Red.(2005年発行)
 1.「実際この曲は『科学世紀を懐かしむ曲』という複雑なテーマに挑戦した物です。」(P.90)

Ⅲ.実際の学説、定義、事件
A-1:21世紀=2001年~2100年
B-2:アスファルトの寿命は10年程度。10年を超えるとひび割れなどが発生する。
B-3:日本の人口は2008年を境に減少。2085年には現在の半分以下に。
  →参照:総務省統計局HP「人口の推移と将来人口」2013年
C-1:Golden Spike社が国家対象の月旅行プランを提案。
  →参照:「10年以内に月世界旅行が実現か、ただしお値段は123億円」2012年12月10日
C-2:2004年、ブッシュ大統領が20~30年以内に行うべき月探査をはじめとする太陽系探査についての演説。月計画が火星へのステップに(さらに時間がかかる)
  →参照:JAXA「人火星探査の実現のために」2007年
C-3:70~80年後に世界人口の増加が止まり減少に転じるとの予測
  →参照:「About That Overpopulation Problem」2013年1月9日
D-1:戦後、善光寺仲見世は観光客向けサービスを主とする業種が増加
  →参照:信州善光寺仲見世通り「仲見世通りの歴史」
D-2:日本は2030年までにはメタンハイドレートの商業目的の生産を開始する予定
  →参照:NewSphere「日本海初のメタンハイドレート確認 “次世代のエネルギー資源”に海外も注目」2014年12月30日

Ⅳ.結論
①A-1より21世紀=科学世紀。E-1より21世紀を懐かしんでいるので科学世紀=21世紀終盤もしくは22世紀以降。
②卯酉新幹線計画が遷都後に持ち上がったものとして、遷都から開業までを最短でも10年とする。またB-1より蓮子とメリーの誕生が卯酉新幹線開業後のため、遷都→卯酉新幹線建設→二人の誕生→大学入学に最低30年程度かかる。よって、今(2016年)に遷都が行われたとしても2045年ごろ以降。
③C-3より人口減少に転じたのは2085年~2095年ごろ。大空魔術はその直後なので2100年代初頭前後。
④D-1より仲見世の変化があった高度経済成長期(1960年)から少なくとも100年が経過した2060年代以降。
以上のことを表にまとめると下表のようになります。(青部分が該当する年代)

tl001no3 (2)

これで4つの要素が重なる年代から大体2090年~2120年ごろだと絞られました。
で、去年サイトに書いた時は他に蓮子が菫子の直系の子孫だとか神亀の遷都が2065年ごろだとかもうちょっと色んな妄想をしてたので2110年ごろという結論に達してたんですが、執筆から1年経ってみたら思想が変わったのでその辺は除外しました(どっちもまだ完全には否定していませんが)。なので、2090年~2120年ごろまでしか特定できいません。

ちなみに、この秘封倶楽部の年代の推定については同人サークル「京都秘封探訪」さんのブログの記事において月齢と金星の動きから見た詳細な考察がされています。
参照:月と星の運行から考察する秘封倶楽部の年代 - 京都秘封探訪 (2015/11/23)
この記事の中でも場合によっては確率は低いものの、2110年前後であるという説も挙げられています。私も月齢は一応ある程度見てましたが、宵の明星については16:31という京都では絶対に日没前である時間に見えると思ってなかったので、単純にZUNさんの勘違いだと思ってたので無視してました。
でも宵の明星って日没前は見えないと思ってたけど違うんですかね?ここだけは大空魔術の謎。


ということで、結論は「秘封倶楽部は2100年代初頭ごろだと考えられるが、月齢などから考えると矛盾もある」ということで締めたいと思います。
ただし、先週の例大祭で4年ぶりの秘封CD新譜「燕石博物誌」が頒布されたので、その内容によってはこの説がひっくり返ることになるかもしれません。まあそれはそれで楽しそうなので27日の発売を楽しみにしておきます。

スポンサーサイト
  1. 2016/05/15(日) 22:48:49|
  2. 東方
  3. | コメント:0
<<2年ぶりに | ホーム | 3dayパス乗り回し京都ツアー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

山田弘

Author:山田弘
淡い夢

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おでかけ (43)
乗り物 (22)
東方 (5)
やってみよう (3)
模型 (6)
音楽 (2)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する