esoragoto

続・スカイマーク vs LCC 本当に有用なのはどちらか

前回の記事を書いた後にコメントを頂いて、関空発のLCCだとターミナル間の移動時間を考慮する必要があるため1時間以上前に到着する必要があること(所要時間が延びる、遠方からだと早朝便には間に合わない)、そして大阪や京都などの都心部からだけでなくさらに南の私鉄沿線などからでも関空が近いとは限らないことに気付きました。


ということで、今度は各線の主要な駅から両空港までの所要時間を計算して、一覧表にしてみました。

201701261824.png

が、このままだとあまりに分かりにくすぎるので、ちょっとはマシになるかと路線図を作ってみました。
運賃は回数券などは使わず全て普通運賃で、所要時間は平日7:30~7:45までの間に出発するものとして計算しました。

①空港までの所要時間で比較



timeconp20170126.png
(クリックで拡大)

前回の記事では大阪、京都からでも神戸空港の方が早く着くという結果が出ましたが、他の駅からに拡大しても環状線南半分~奈良県以南以外はほぼ神戸空港に軍配が上がるという結果に。また、それより北でも場所によってはリムジンを使うことで関空の方が若干所要時間が短くなることもある模様。
一応岡山や四国方面なども計算しましたが、関西三空港の利用が現実的かどうかは別として、やはり神戸空港なら1~2時間程度で着きます。四国・淡路からは阪神地区に向かう高速バスが多数運行されているので、本数の心配はあまりないでしょうけど

②運賃で比較



feecomp20170126.png
(クリックで拡大)

今度はさらに衝撃的な結果。リムジンを使わない天王寺や奈良などでも神戸空港に行く方が安いということに。地理的にも交通の便的にも関空に比較的近そうな難波や天王寺からですら約200円の差が出ています。

運賃に関しては、金券ショップで回数券を購入したりリムジンの往復券を買うなどすることで、実際にはいずれもこれより数十円~数百円安くなるものと思われます。実際さっき三宮~神戸空港間のポートライナーの回数券買いに行ったら330円区間のを295円で売ってる店もありましたし (ちなみに前回の記事での試算ではこの区間を310円で計算してました。ポートライナーって券売機では11枚つづりを普通乗車券10枚分以下の値段で売ってるんですね)

③搭乗までの時間



一地方空港に過ぎない神戸空港は、小さなターミナル内に全ての航空会社のカウンターが揃っています。
一方、日本を代表する国際空港である関西空港はメインターミナルである第1ターミナルと、現在はPeach専用である第2ターミナルに分かれています。こちらの第2ターミナルに関しては、建設中だった国際線用の部分が1/28に開業し、3月からは春秋航空日本の路線もこちらに移転してくるとのことです。
広大な関西空港ではターミナル間の移動もシャトルバスで10分かかるため、それを見越して空港に到着する必要があります。


神戸空港

2017012601.png

ポートライナーの駅から空港のターミナルまでは徒歩1分以内。空港自体もそれほど混雑していないので、ポートライナー降車→チェックイン→保安検査→搭乗口はスムーズにいけば最短10分ほどで済みます (ここでは多少余裕を持って最短20分としておきます)
また、スカイマークの搭乗終了は出発15分前なので、少なくとも出発時刻の35分前までに神戸空港駅に到着する必要があります。


関西空港

・第1ターミナル

2017012604.png
2017012605.png
2017012606.png

第1ターミナルは関西空港駅からすぐ。国内線出発フロアは駅と同じ階にあるため、平行移動するだけで搭乗できます。
国際線は非常に混雑する関空ですが、国内線は比較的本数が少ないのでよっぽどのことがない限りそれほど時間はかからないでしょう。
バニラエアは搭乗口を20分前までに、Jetstarと春秋航空は25分前までに通過しないといけないので、遅くともバニラエアは出発45分前、Jetstar・春秋航空は50分前までには関西空港駅に到着しないといけません。
ただし、LCCなので保安検査場の混雑時などにどこまで対応してくれるかは不明ですから、実際はもっと早めに到着しておくのが賢明でしょう。

・第2ターミナル

2017012602.png
2017012603.png

関西空港駅から第2ターミナルビルまでは駅前から出ている無料シャトルバスで10分。昼間でも4分間隔で出ています。なので20分ほどを考慮。ただし、1/28からは全てのリムジンバスが第2ターミナル発着となるので、リムジン利用の場合はシャトルバスの時間を考慮する必要はありません。
関西空港駅まで鉄道を利用の場合、Peachは遅くとも出発55分前に、春秋航空は60分前には駅に着いておかなければなりません。これもギリギリのラインなので実際にはもっと早く着いておかないともしもの時のリスクが…

結論



まず、空港までのアクセスに関しては、時間の面では奈良方面や大阪ミナミ以南を除いて神戸空港が有利という結果に。また、運賃の面では難波や天王寺などからですら神戸空港に向かう方が安いという結果となりました。
先に述べたように、もちろん曜日や時間、乗車券によって多少変動しますが、やはり概ね関西の主要な都市から飛行機乗りに行くなら神戸の方が比較的利便性が高いということが証明されました。
また、関空では空港内での移動にも時間がかかるという点や、前回の記事で述べた遅延するリスクや手荷物の量などを考慮し、自分の居住地発着の場合、どちらがコスパが高いかをよく検討する必要があります。

ということで、スカイマーク応援キャンペーンでとりあえず鹿児島に行ってきます。

スポンサーサイト
  1. 2017/01/26(木) 11:52:26|
  2. 乗り物
  3. | コメント:0
<<仙台水郡紀行 | ホーム | スカイマーク vs LCC 本当に有用なのはどちらか>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

山田弘

Author:山田弘
淡い夢

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おでかけ (34)
乗り物 (20)
東方 (5)
やってみよう (2)
模型 (4)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する