esoragoto

ハセガワ エアバスA320制作 その3

前回の記事から大分開いちゃいましたが一気に進展がありました。


IMG_9380.jpg


エンジンを組み立ててサフ吹き。
折角内側を塗りましたが、パイププラ棒を挿入して内側を肉厚にすることで実機に近くなるというのを見て施工。間違って口径がちょっと小さいの買ってきたりして苦労しながらもなんとかそれっぽくなったかな?と自己満足。


IMG_9385.jpg


翼もサフ吹いてフラップのガイドレールとウイングチップを取り付け。ウイングチップを設置中に1つ飛ばして泣きそうになりましたが、0.5mmプラ板で自作してリカバー。


IMG_9386.jpg


形はこんな感じ。思ったより似せられて安心。角度が違うのは気にしたら負けです。どうせ組み上げたら分からないでしょう、多分。


IMG_9389.jpg


胴体は傷を埋めて筋彫りをある程度復旧させてから一度撤去したアンテナ類を復旧。サフ吹いてるうちに筋彫りが消えたのは秘密です。
あと油性ペンで書いてたのを消し忘れてサフ吹いて来て浮いて来ちゃったので一度シルバーを吹いて隠蔽。危ない危ない。


IMG_9390.jpg


さて、ここからいよいよ塗装に入るんですが、外側を全面塗らないといけない飛行機のプラモはいつものようにどこかに置いて塗装することができないので、どうしたものかと考えた結果このような塗装台を制作。
1.2mmプラ板を切り出して翼を差し込む穴に通して、いつも塗装に使ってるプラレールの橋げたにガムテで固定。
ぐらつかないようにマスキングテープでプラ板と胴体を軽く固定し、プラ板にもガムテを巻いてずれないようにしています。


IMG_9439.jpg


続いて塗料はどうしようかと思ったんですが、これまた妥協が許されないので確実に白く塗るために隠蔽力が高いと噂のアルティメットホワイトを使用。
高いかと思ったら15mlで250円と単位当たりの値段はMr.カラーとほぼ同じ。しかも塗料自体が濃いので実際に使う時に薄めるとむしろ安いぐらい。おかげで一気に真っ白でテカテカの機体になりました。


結局元々入ってたANAのデカールは色々試してみたものの完全に漂白ができなかったので、デカールを自作して違う会社の機材に改造することにしました。
色々調べた結果、都合の良い仕様の機体も見つかりデカールのデータもできたので、あとは塗装してデカールを貼るのみ。
次回の記事では完成した姿をお披露目できるように…と祈って。

スポンサーサイト
  1. 2017/03/02(木) 14:46:20|
  2. 模型
  3. | コメント:0
<<朝伊丹 | ホーム | 六甲山からの眺望>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

山田弘

Author:山田弘
淡い夢

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おでかけ (43)
乗り物 (22)
東方 (5)
やってみよう (3)
模型 (6)
音楽 (2)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する