esoragoto

六甲山からの眺望

IMG_20170228_142722.jpg


六甲山最高峰は標高931m。周囲にはそれ以上の標高の山がないため周辺の都市を広範囲に見渡せます。


IMG_9409.jpg


北側。三田市方面が見えてます。写真には写ってないけど右側には三田駅前のビル街も。そして建設中の新名神も写ってます。
奥に霞んで見えている山は多分丹波市北部の山。山の推定は難しいです。
あと去年行っためんたいパークの屋根についてるキャラが予想外に目立ってて笑った。


IMG_9416.jpg


西側。山深いので神鉄沿いの街はほぼ見えず、谷上駅が山間からちょっとだけ顔を覗かせるのみ。
「ルネ神戸北町」は箕谷のニュータウンの北西の端にあるマンションの名前。この奥は山田町の里山が広がっています。箱木千年家なんかもこの辺。


IMG_9420.jpg


山頂のすぐ近くに見える廃道は東六甲ドライブウェイの旧道。
阪神淡路大震災での損傷が激しく、峰を巻いていたルートを放棄して全長87mの鉢巻山トンネルで山を貫くルートに変更したものです。ちなみに旧道は途中までは柵がなく見に行けるらしいので見に行ってみたいですね。


IMG_9403.jpg


東側。大阪空港は割と近く。肉眼でも離着陸の様子が観察できます。北西に向けて離陸した飛行機はちょうど目線と同じ高さぐらいで旋回して進路を変えるので飛んでる飛行機が目の前に。といっても望遠で覗いてやっと見えるレベルですが。
万博公園もその先に。圧縮効果で空港のすぐ近くに見えてます。


IMG_9430.jpg


梅田方面。大阪駅周辺の構造物が見えてます。スカイビルや大阪駅など特徴的な建物も多く、都市部は比較的位置の推定が容易。
空気が澄んでる時は鈴鹿山地まで見えるらしいです。今日は関空すら見えない霞みで全然。


IMG_9431.jpg


天王寺方面。この高度だと関屋駅付近の鞍部から奈良県が見えてます。もしかした晴れてたら大和三山や明日香村方面まで見えるのかも。
ちなみに、大峰山地方面が見えることもあるらしく、逆に大峰山からは六甲山と富士山を同時(光の加減などで厳密には同時には無理かも)に望むことができると思うと凄いことです。


水平線までの距離は 3570 × √海面から視点までの高度 で求められるらしいので、六甲山頂に立った場合を計算すると
3570 × √(931 + 1) = 108987.3699m ≒ 109km
となり、空気が完全に澄み切っている場合、理論上109km先までは地上が見えることになります。
六甲山頂から半径109km圏内には兵庫県、大阪府、京都府、奈良県のほぼ全域と和歌山県北部、三重県西部、滋賀県西部、そして福井県、鳥取県、岡山県、香川県、徳島県の一部が含まれます。もちろん実際の陸地には凹凸があるので実際に100km以上先が見えるのは遮るものがない播磨灘西部と紀伊水道南部などの海上ぐらい。なので小豆島なんかは余裕で見える計算。
逆に手前に障害物があってもある程度高い山なら中腹以上が見えることになります。富士山が近畿地方の一部などから見えるのもそのせい。

ついでに、飛行機からだとどこから富士山が見えるのかも考えてみたら、ほぼ最高高度の41000ft(12496.8m)で巡航する旅客機からなら 3570 × √12496.8 ≒ 399km圏内で富士山が見えるみたいです。香港や上海からアメリカ大陸へ向かう便なら紀伊半島が近づくとコックピットの機窓に富士山の姿が見え始めるはず。

スポンサーサイト
  1. 2017/03/01(水) 21:07:50|
  2. おでかけ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハセガワ エアバスA320制作 その3 | ホーム | 楽しい飛行機観察 その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yamadahiroshi.blog.fc2.com/tb.php/67-329e7968
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

山田弘

Author:山田弘
淡い夢

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おでかけ (36)
乗り物 (21)
東方 (5)
やってみよう (2)
模型 (4)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する