esoragoto

ハセガワ ANA ボーイング 737-700製作 その1

ようやく1機のA320の完成にこぎつけた飛行機プラモ製作ですが、どんどん続いて行きます。


201711182227.jpg


第二弾はこれまただいぶ前に中古で買ってた美品の737-700。
A320に続いて再び青い会社のキットですがこれも青くなりません。と言ってもまた会社変えるわけではなく、単にそのままゴールドジェットにするだけなんですが。デカール生きてるし。


201711182228.jpg


ただひたすら説明書通りに組むだけです。胴体は内側を例によって濃緑に塗って貼り合せるだけです。
なもんであっという間にホワイト吹いたら放置です。ここまでは夏になるまでにA320作ってる横でさっさと終わらせてました。


201711182229.jpg


問題は主翼。
ウイングレットは別パーツですので接着してから一旦継ぎ目をパテ埋め。すると細いモールドが一緒に消えますので、そこからデザインナイフで復旧+追加作業。小さいのでちまちまと彫って行ってなんとか見れるものに。
実機はもっと色々あるのか知りませんが知識がないので無視。どうせ見えないし。


201711182241.jpg


付け根は大問題。そのまま組んで胴体を乗せてみたらなぜか前縁部がぎこちない繋がり方。
こんなずれるもんなのか?と思って北海道行く時についでに実機を観察してみると、どうも画像の通り胴体側の主翼前縁に繋がっていく部分がない模様。


201711182230.jpg


ということで、泣く泣く前縁部にエボパテ(と、瞬接プラ粉)盛りまくり。ついでに胴体と主翼の隙間も気になったので、パテで太らせて少しでも組んだ時に隙間がないようにしておきます。
こういう時、接着するなら思いっきりパテなり瞬接なりを盛れるんでしょうけど、胴体と主翼を分解して保管したいのでちまちまと削っては盛って時々剥がれて…を数回繰り返し。

にしてもそんな古い金型でもないのになんでこんなことになってるんでしょうね?NGシリーズ全部この作業することになったらかなり嫌です。でもすぐに実機を観察できる機体でよかった。こういう時神戸空港はありがたいです。腐るほどNGいますからね。


201711182231.jpg


苦労の甲斐あって無事滑らかな形状に。ついでに胴体と主翼の隙間もかなりぴったり埋まって満足。A320と違って主翼パーツが胴体を抱え込んでる形状なので安定性も高いし、このタイプは嬉しいです。B7とかもこのタイプになったらいいのに。でも主翼だけでも大きいから分解しても仕舞うのに困りそう。




羽田空港の誘導路で離陸の順番を待つ飛行機のように製作は続きます。
第三弾になる予定の777-200ERと余ったパテを窓に盛ってる777-300。この辺はまた追々…

B7にもなると1/200でも十分大きいのに1/144組むのが恐ろしいです。誕生日にあろうことか友人から童遊社の-200をプレゼントされてしまったのでいつか組まないといけない日が来るので恐怖です。

スポンサーサイト
  1. 2017/11/18(土) 23:01:00|
  2. 模型
  3. | コメント:0

ハセガワ エアバスA320制作 その4(完)

無駄に時間かけてた人生初プラモですが、ようやく完成にこぎつけました。


201711062004.jpg


ハセガワのA320キットを使用して中国東方航空(レジ:B-2229)の新塗装仕様に仕上げました。
長かった、長すぎた。2カ月ぐらいで出来る予定が表面処理で3月完成予定に伸び、塗装で6月に伸び、デカールで8月に伸び、研ぎ出してたらもう着工から11カ月経ってました。


201711062007.jpg


デカールは附属のANAのが死んでたので、ペイントやパワポで自作したのをA-ONEのデカール用紙に印刷して使用。
ちなみにA-ONEからは「転写シール」や「デカールシール」「タトゥーシール」などが発売されてますが、どれも同じようにデカールとして使えました。むしろ値段も違うけど中身は何が違うのか不明。

ただ、A-ONEのデカールはそのままだとかなり糊の粒々が浮き上がってくるため、クリア吹いて根気よく研ぎ出す必要があります。これがまた長い。これのせいで完成が4カ月は伸びましたよ。
でも本当に消えるのかと思いながらちまちま2000番で磨いてたらちゃんと貼ったところが分からなくなって感動。


201711062008.jpg


収納の事を考えて主翼と水平尾翼は取り外せるようにするために接着しなかったら、技量の問題なのかキットの問題なのか主翼と機体の間に上から見ると大きな隙間が。塗装前に気づいて処理しておけばこんなことには…


初プラモでかなりガバガバ感が否めないですが、デカールの試用など色々試行錯誤できたので今後の制作の足がかりになりました。
キットもいろいろ買ってあるし、これからもちょいちょい旅客機を製造していく予定。次もとりあえずナローボディです。

  1. 2017/11/06(月) 20:10:56|
  2. 模型
  3. | コメント:0

五新線十津川探訪 その2

五新線の遺構を見終えたらさらに南へ。十津川村を目指します。

201710210005.jpg

R168を延々走っていくわけですが、ちょいちょいこういう感じの綺麗で高規格なバイパスが現れる、というか旧道は封鎖されてる。
この手の高規格道路はどうも2011年の台風で破壊された道路の代わりに建設されたものらしく、割とちょいちょい出てきます。
というか旧道の数が凄い。先月行った積丹半島並みに旧道との分岐が現れるます。
本当にこんな山奥とは思えないぐらい高規格。もはや半分高速です。

201710211435.jpg

この画面の中で3箇所土砂崩れが起きてます。しかも規模が凄い。
一番右の崩れた部分、よく見ると中腹の左右に道路が繋がってます。完全に道路ごと崩落してる。

201710211437.jpg

つり橋なぞ堪能して行きますよ。結構揺れるので高くて怖い以前にこけそうで危ない。

201710211440.jpg

風屋ダム。高さ101mとなかなか。さっきのつり橋が50mぐらいだからさらに恐怖。
ダムの何が凄いって、上流側は比較的水面が近いということは元の谷底からの水深が数十mあること。さらに恐怖。
写真から分かるとおりダムの横も大雨のせいか大規模な土砂崩れが起きた後。しかもたまにゴロゴロ言いながらどんどん崩壊していくという状況。この対岸のダム関連施設のところに作業員の人がいたけど怖すぎる。

十津川橋梁

下流側を見るとさすがに絶景です。道路の赤い鉄橋がまるで鉄道橋のよう。只見線とかみたいなイメージ。

201710211447.jpg

試しにバッハッ!と叫んでみたものの何も起きなかったので車に戻ってたら大音響と共に崩落。ダッシュで見に行ってギリギリ崩落の瞬間をキャッチ。皆さんも崩落しやすい土地で「ヤッホー」や「バッハッ」と叫ぶのはやめましょう(多分関係ない) でも本当に物凄い音で普通に怖かった。命の危険を感じます。

南下を続けて十津川村中心部にある道の駅でこんにゃく食って休憩。なんでもすぐ近くに温泉施設があるらしいので入っていきましょう。実は温泉に入るというのも今日の一つの目標ですからね。

201710211452.jpg

十津川温泉ではなく「温泉地温泉」の滝の湯にin。湯からは硫黄の香りが漂い、渓流が望める露天風呂もあってかなり充実。あと私の大好物のフルーツ牛乳があるので高ポイント。
ゆっくり浸かって非常に温泉を満喫できたわけですが、気になるのは時間。既に16:30となり、これから本宮経由で田辺へ抜けて海沿いを走って大阪に戻る計画。明日は朝から学校ですので終電を逃すわけには行きませんが、ここから山間を走り続けて日付が変わるまでに大阪に戻れるのかは未知数。能年さんが「新宮経由で帰る」とか言い出したのを無視して本宮へ急ぎます。陽が沈むまでに大斎原の大鳥居を見たいし。

201710211453.jpg

突然現れる滝も見つつ行きます。

大斎原夕景

なんとかギリギリセーフ。烏が飛び回る本宮町の夕焼けが綺麗です。夕日は隠れたけど。またか。
それにしても本宮町なんて1回しか来たことないし、物凄い山奥でなかなか来れない場所みたいなイメージだったけど日帰りで来れるとは。と、ガマニャンも同じ感想抱いてました。まず18時に本宮大社見て今日家に帰れる気がしない。むしろ明日休みなら近隣の温泉で泊まりたかったぐらい。

本宮大社も参拝したらこんな時間なのに人だかりができてて何事かと思ったら、境内で夜にコンサート的なのをやるらしい。すごい行列ですよ。どこからこんなに人が涌いてきたのかというぐらい。
大社周辺は界隈でも一番の都会。コーナンもあるし、飲食店もあるし(夕方までに閉まるけど)、ついでにガソリンスタンドもあったので給油して山越えに挑みます。

そんなわけでいよいよ完全に陽が落ちて真っ暗になり、街灯も人家も走る車もないR311を田辺に向けて爆走。
本当に暗いので身の危険を感じながら外見てたらいきなりライトに何らかの物体が照らされて恐怖。よく見ると轢かれたタヌキの死骸でした。紀伊半島もまだまだ大自然。北海道だけが大自然じゃない。

201710211509.jpg

山が開けたところでぽつぽつとコンビニが現れて人間の世界に戻ってきたと感動。カメムシだらけのローソンでトイレと軽食を買って出発。にしても今年は本当にカメムシが多くてビビります。床にもカメムシだらけだし、冷蔵庫に自殺を試みるガが張り付いてるし。

田辺の市街地にある丸源ラーメンの誘惑にも負けずどんどん北上。ここからがまた長い。長すぎるので御坊から高速でショートカット。高速自体は田辺にも走ってるけど2車線なのでとにかく混んでる。途中で車線を増やす工事をしてるのを見た。がんばれ。
そして和歌山に急げ。ムーブ、ムゥーブ!

201710211515.jpg

21:30、和歌山到着。ようやくご褒美の和歌山ラーメンを堪能。何も知らずに人気そうな「正善」に入ったら2010年にどうでしょうのロケ中に訪れた店でびっくり。大泉洋のサイン置いてあったけど番組では紹介されてなかったので知らなかった。
和歌山ラーメンって初めて食べたけど、見た目以上に対岸の徳島ラーメンっぽい味。机の上にセルフサービスの早寿司が置かれてるのも和歌山ラーメンの特徴(満腹で食べず)

この後再び高速をかっ飛ばしてなんとか終電に間に合って解散。やっぱり高速は素晴らしいですね。是非五新線の路盤跡も自動車専用道に改修してください。

  1. 2017/10/21(土) 23:28:02|
  2. おでかけ
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

山田弘

Author:山田弘
淡い夢

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

おでかけ (43)
乗り物 (22)
東方 (5)
やってみよう (3)
模型 (6)
音楽 (2)

カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する